文章能力がないは社会人として

社会人になると文章能力が問われます。理路整然としていて論理的な文章が書くことができるとしっかりとした印象を与える事が出来ます。

普段の仕事が物を書く仕事ではなくても、社会人になると社内での日々の報告書を書いたり、取引先とのメールのやり取りできちんとした文章を書く事ができないと社会人として一人前とは見てもらえません。

注目サイト
現職の引継ぎ等も考慮してスケジュール調整も

きちんとした文章とは上司や取引先の相手に失礼のないマナーが守られていることが条件になります。マナーが守られている文章であれば、仕事をまじめにしている印象を与えることもできます。社会人として書くべき文章は伝わるものを書くことが大切です。

思いついたままを書いただけでは相手に伝わらないこともあります。なぜなら、日本語に慣れすぎているために主語や目的語などを書かずに文を書いてしまうこともあるからです。友人同士のメールでのやりとりならフランクに主語などを省いて文を書いても意思を伝えることができますが、公的な文章の場合は、文を構成する必要な要素はすべて書いた方がしっかりとした印象を与えます。メールなどの文面のマナーが守られているだけでなく、意味の伝わる文章を書くことが社会人として求められているスキルです。

注目サイト
性能面の良さとは?

日本では、それほど日本語を書く能力を高めるための授業が学校で行われていないこともあり、社会に出てからあらゆる場面で文章を書く機会が多く、とまどう人も少なくありません。社会での物を書くスキルは先輩や上司などが書いた文を見て勉強したり、自分でマナーを身につける必要があります。公的な文を書く機会と言えば、大学などでレポートを書いたり、論文を書いたりするときぐらいなので、社会で通用する文を書くことができる若い人はなかなかいないのが現状です。

文章を書くのが苦手な人が報告書などを毎日提出しなければならない場合、本来の業務に支障をきたすこともあります。書くことが苦手な人は書くのに時間がかかり、なおかつ自分の伝えたい内容を十分に表現できないことに悩みがちです。こうした苦手を克服するには、自分の伝える内容をしっかりと把握するだけでなく、読み手が誤解することなく自分が伝えたい内容を読み取ってもらえるかを考えながら書くことです。

読みにくい伝わらない文の特徴は、読み手を意識していないことが多くあります。思いついたままを書くのではなく、時には書きたい内容を整理して要らない部分を省略したり、書き換えるなどの配慮が社会人として必要です。